音楽におけるリズム

blackpink ジス熱愛

音楽におけるリズム 

リズムは私たちの周りにある。私たちは宇宙の隅々にまでそれを見つけることができる。あなたの呼吸は、時には速く、時には遅く、リズミカルなパターンで動いている。心臓はリズミカルに鼓動する。様々な速度で歩き、様々な時間に食事をし、人生の日々と年月を通して時間の経過を刻む。

音楽のリズムも似たようなものだ。音楽理論を深く深く理解したいのであれば、音楽におけるリズムの基礎を学ぶことは非常に重要です。幸い、それほど複雑なことではありません!

音楽におけるリズムとは?

すべての音には持続時間があります。すべての音には始点と終点があります。異なる時間の長さの組み合わせと、それらが互いに影響し合う複雑な方法が、西洋音楽のリズムの基礎を形成しているのです。もしあなたが音楽のリズムを復習する必要があると感じているなら、Skooveのオンライン・ピアノレッスンが最適でしょう!

音楽におけるリズムの種類

音楽のリズム感を向上させるためには、いくつかの基本的な拍子を理解し、マスターする必要があります。これらは、音楽家が音楽のリズムを表現するときに使う道具です。音符は音程を表し、休符は静寂を表します。

拍子記号:音楽におけるリズムの構成方法

さて、音楽で使われる様々なリズムをある程度理解したところで、これらのリズム要素を首尾一貫した音楽の形にまとめる方法を学ぶことが重要です。音楽家は拍子記号や小節と呼ばれる道具を使って、リズムを強拍と弱拍のある分かりやすいフレーズに整理します。

これは、3つの重要な事実を音楽家に知らせる記号の組み合わせです: 

小節あたりの拍数。

どのタイプのリズムが時間の基本単位になるか。

音楽が二重拍子、三重拍子、四重拍子、単純拍子、複拍子のどれで感じられるか。

小節は楽譜の基本的な構成要素です。小節は基本的に長方形のブロックで、小節線や小節線と呼ばれる縦線によって示され、音楽のリズム構造を定義します。

単純拍子と複合拍子

拍子はさらに単純拍子と複合拍子の2つに分類することができます。単純拍子は2つのグループに分けられるリズムに使われます。例えば、4/4と3/4はどちらも単純拍子です。

一方、複合拍子は3つのグループに分けられるリズムに使われます。例えば、6/8と12/8はどちらも複合拍子の例です。

単純拍子と複合拍子には、2重拍子と3重拍子、4重拍子があります。例えば、4/4拍子は単純4拍子の例で、強拍は2つのパターンにまとめられ(単純)、1小節に4つのパルスがあるからです(4拍子)。6/8拍子は複合二拍子の例で、音符にアクセントが3つずつあり(複合)、1小節に大きなアクセントが2つあるからです(二拍子)。

まとめ

リズムは音楽の基礎です。音楽のリズムの数え方、脈拍の感じ方、拍子の強弱のパターンを理解することは、即座に優れたミュージシャンになるのに役立ちます。

もちろん、Skoove を使えば、いつでも好きなときに、これらすべてを練習することができます。Skoove はオンラインでピアノを学ぶのに最適です。Skoove を使えば、ピアノがあればどこでも、音楽理論、リズム、曲のすべてを学ぶことができます。 ファッツ・ウォーラーと一緒にシンコペーションを練習したい人も、ビートルズの曲でスピードアップしたい人も、Skoove はあなたの音楽の夢を実現する素晴らしいツールです!