ミリオンダラー・ベイビー あらすじと感想

あらすじ

 かつて有能なカットマンだったフランキーとボクシングジムのトレーナーであるエディ。ここのところジムの経営が思うようにいかず頭を悩ませていた。ある日、マギーという女性がフランキーに弟子入りしたいと訪ねてくる。当初ボクシングは男のスポーツだとマギーを煙たがっていたが、やがて熱意に折れる形で弟子入りを認め、そこからフランキーとマギーの栄光への二人三脚の道が始まる。
マギーが試合で勝ち上がる度に二人の絆も深まっていき、お互いの存在が人生において大きな意味を持つほどまでになった頃、いよいよ世界タイトルへの挑戦のチャンスが訪れた。

見どころ

ボクシングは女がやるものではないとの固定観念を打ち破るほどのマギーの情熱、真剣な眼差しはフランキーとエディのみならず、観客の心も強く惹きつける。
夢に向かう人はこんなにも美しいものかと胸を熱くさせるが、クリント・イーストウッド監督がただの感動物語を撮るはずがない。栄光と挫折、友愛と信仰、光と影をより濃く残酷に見せつける今作品はアカデミー賞でも多くの賞を受賞した。
・クリント・イーストウッド…もはや説明の必要のないほどの名優。西部劇やアクション映画でその地位を不動にした。映画監督として常に鋭い視点で問題提起をすると同時に、渋みと苦みを表現できる唯一無二の俳優として存在感を発揮し続けている。
・ヒラリー・スワンク…アメリカの人気テレビドラマで強い印象を残し、「ボーイズ・ドント・クライ」では性同一性障害の女性を、「マリー・アントワネットの首飾り」では鮮烈な悪女を演じた。「ミリオンダラー・ベイビー」ではアカデミー賞で主演女優賞を受賞し実力派俳優の仲間入りを果たした。

感想

イーストウッドの意地の悪さが全面に出たような映画と言えば語弊があるだろうか。だが誰もがフランキーとマギーの成功と幸福を願わずにはいられない中で、あまりにも唐突に訪れる悲劇はつらく虚しく心に突き刺さる。
 フランキーもマギーも「家族の愛」に飢えていた。カットマンとして活躍していたフランキーは家族を顧みない父親だった。夢が仕事となり、仕事に夢を賭けているような男にとって家庭というものは時に重荷となる。
 だが自分がセコンドについたボクサーが失明し、夢追うことが怖くなった時、これまで見えなかった家族との距離に気づいてしまう。その距離を近づけようと歩み寄っても一向に距離は縮まらない。自分の中にある暗い孤独が募るばかりのフランキー。
 同じようにマギーもまた孤独を抱えていた。親の愛を求め、親に認められたいともがく彼女は世界チャンピオンになることで愛を掴もうとしていた。
 孤独な二人が出会い、寂しさを埋めるようにお互いに疑似的な「父と娘」として絆をつくっていく。しかし神の試練か、悪魔の悪戯か、二人の愛を試すような非情な幕切れ。
 二度とリングに上がれないと知ったマギーに命尽きるまで寄り添うのが愛なのか?もしフランキーとマギーが安っぽい恋愛感情で結びついていたのならそうしたかもしれない。だが孤独な二人の間に育まれた絆は、相手に見返りを求めない無償の愛だったのだろう。でなければどんなに乞われようとも、敬虔なクリスチャンであるフランキーは最後のあの行動には出なかったはずだ。そしてマギーもまたフランキーなら自分の身勝手で残酷な願いを叶えてくれると知っていた。
 自身の信仰を捨ててまでも彼女を虚無や苦悩、肉体的な苦痛からも救ったフランキーの行動は、一種の自己犠牲と呼べるだろう。自己犠牲はキリスト教において、究極の愛だと言われている。マギーの生命を停止させたフランキーはこの後どうやって生きたのだろう。信仰なんてくそくらえとキリスト教において罪とされる行為を行ったのか、それとも廃人のようにマギーの亡霊と生きたのだろうか。あまりにも救いのない物語だが、これこそクリント・イーストウッドの「現実を見ろ」、「今を精一杯生きろ」とのメッセージだと思う。