ガチ☆ボーイ あらすじと感想

あらすじ

 北海道学院大学のプロレス研究会である、学生プロレス団体HWAは前チャンピオンのドロップキック佐田が引退して以来、新たな目玉となる選手もおらず盛り上がりのない試合が続いていた。
ある日、在学中に司法試験合格も視野に入るほどの学内一の秀才と噂される五十嵐が入部してきた。五十嵐は「マリリン仮面」というリングネームとマスクを与えられ熱心に練習に励んだ。真面目な性格だからかありとあらゆる事をメモするが、なぜだか常人とは違うような違和感にみんなが気づき始めていた。五十嵐はプロレスならではの「お約束」や「段取り」ということが理解できず、どの試合も真剣勝負の「ガチンコ」になってしまうのだ。実は五十嵐は事故により、その日までの記憶を全て失ってしまうという「高次脳機能障害」を患ってしまっていた。自身の将来に絶望し、生きる実感を失いつつあった五十嵐だが、かつてHWAの試合を見て感動したことを思い出し、学生プロレスに憧れプロレス研究会の扉を叩いたのであった。
個性豊かな仲間と可愛いマネージャーに囲まれ、新たな生きる道を見つけ楽しい日々を送っていた五十嵐。やがて人気も出始めてきた頃、マリリン仮面を叩き潰そうとチャンピオン選手チームがHWAとマリリン仮面を挑戦者に指名してきた。五十嵐ことマリリン仮面はまさに一生に一度の思いでチャンピオンに立ち向かうのであった。

見どころ

2008年公開の映画なので今となってはあまり映画でお見かけしない人や、今ではやらないであろうキャラクターを演じているのを見るのも一つの楽しみ。また明るい作風に仕上げているが「高次脳機能障害」という障害を知るのもいいのではないだろうか。主演、佐藤隆太が忘れてしまうだろうかけがえのない思い出をメモやポラロイドに残す姿は健気で人間らしく、何気なく過ぎていく日常の大事さを改めて感じることができる。

感想

・佐藤隆太…熱い演技をさせたら一番と思われる俳優。主な出演作に「池袋ウエストゲートパーク」、「海猿」、そして彼のキャラクターを決定づける代表作となった「ROOKIES」など。
・紗栄子…今では実業家としての顔のほうが強いが、この作品では愛らしいマネージャーを演じていた。
・向井理…主役というより参謀的な役割でキャスティングされることが多く、代表作は「ゲゲゲの女房」、「S 最後の警官」など。

五十嵐の「高次脳機能障害」という設定は重く、軽々しく扱ってはいけないテーマであるにも関わらず、独特の学生生活の雰囲気や、恋、友情をうまく絡めて前向きに生きる様子が清々しかった。主演の佐藤隆太という人物の空気感もあるだろうが、簡単に挫けない、熱く真っ直ぐな姿は見ていてつい応援したくなる気持ちになる。重いハンディキャップを背負っていても違う夢を見つけようとする若者と、取り巻く仲間や家族の温もりを感じられる良作。
色んな要素の詰まった作品だけに焦点がぼやけてしまうかと思われたが、テンポが良くうまくまとまっている印象。
クライマックスのプロレスの試合のシーンは、思わず主人公に「がんばれ!」とエールを送りたくなる。若い役者が軽く演じるプロレスなんてと侮るなかれ、美しいフォームのドロップが決まった瞬間にテンションは最高潮。
また学生生活の空気が感じられる点もおススメ。将来への不安と今この瞬間を余すことなく楽しもうとする焦燥感と、自分の立ち位置や居場所が見つからない浮遊感、目の前の恋や仲間が自分の全てだと思ってしまう若さゆえの視野の狭さなど、誰もが身に覚えのある青く幼い、ちょっと恥ずかしくなるようなノリがここにある。
タイトルと映画ポスターでコメディ全開映画だと敬遠されてしまうにはもったいない映画なので、青春真っただ中の人にも、青春を巻き戻したいと思っている人にも見てほしい。