| ホーム | サイトご利用方法 | PVリンク切れ報告 | お問い合わせ | 広告掲載 |
ア行-男性アーティスト Aqua Timez
ASIAN KUNG-FU GENERATION アンダーグラフ Acid Black Cherry
abingdon boys school Alice Nine アンティック-珈琲店-
ET-KING 175R w-inds.
ウルフルズ UVERworld EXILE
HY m-flo LM.C
ELLEGARDEN X Japan 稲葉浩志
ORANGE RANGE 大橋卓弥 井上ジョー
奥田民生 尾崎豊 藍坊主
音速ライン LGYankees NYC
WEAVER FTIsland INFINITY 16
AK-69 LGMonkees A.B.C-Z
赤西仁 amazarashi androp
伊東歌詞太郎 OLDCODEX INFINITE
OKAMOTO'S    
検索条件[ア行-男性アーティスト/X Japan] [19件]
画像一覧表示 CD発売日順 再生回数順
このエントリーをはてなブックマークに追加

X Japan 「紅」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「紅」 無料PV視聴 音楽視聴

「紅」は、Xの3枚目(メジャー初)のシングル。1989年9月1日発売。

メジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』からシングルカットされた、メジャーデビューシングル。ほとんどのX JAPANのコンサートで演奏された。1989年日本有線大賞最優秀新人賞受賞曲。また1992年のNHK紅白歌合戦でも演奏された。

静かなHIDEのアルペジオから激しいロック調へ曲調が変調する。TV放送の場合、このHIDEのギター前奏部分は、YOSHIKIのピアノに置き換えられたり、前奏その物がカットされて始まることもある。コンサートでは必ずこの変調直前でTOSHIが「クレナイダーッ!!」と叫ぶのが恒例であった。タイトルを叫ぶのは「紅」を演奏したての頃によく「べに」と間違われることがあったためだと言われる。この「クレナイダーッ!!」の叫びは1992年の紅白出場時にも行われている。復活ライブではイントロのアルペジオ部分をHIDEの映像で再現している。もちろん「クレナイダーッ!!」も健在であった。

インディーズ時代から度重なるリメイクを経て一時期はボツ曲扱いとなってしまうが、HIDEとTAIJIがリメイクし、現在のメロディーが出来上がった。インディーズ盤に収録されているものまでは「何かに追われるよう」に当たる部分のメロディーの最後を上げていたが、メジャー盤以降のアレンジでは現在の歌いまわしに変わっている。 「X JAPAN BEST FAN'S SELECTION」では、1位に輝いた。

X Japan 「紅」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「ENDLESS RAIN」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「ENDLESS RAIN」 無料PV視聴 音楽視聴

『ENDLESS RAIN』は、Xメジャー2枚目のシングル。1989年12月1日発売。

Xのメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』からのシングルカット第2弾。Xとしては初の本格的なバラードナンバーである。 ライブではほぼ必ず演奏され、ファンとの大合唱が行われる。

映画『ジパング』のテーマソングに起用された。

X Japan 「ENDLESS RAIN」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「WEEK END」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「WEEK END」 無料PV視聴 音楽視聴

『WEEK END』は、Xメジャー3枚目のシングル。1990年4月21日発売。

テーマは自殺であり、タイトルの「WEEK END」は「週末」に「終末」をかけたものである。 Xのメジャーデビューからちょうど1年後に発売されており、奇しくもその日は週末である土曜日であった。後に発売される『Rusty Nail』(1994年)はこの曲の続編にあたる。

ちなみにPVではHIDEが頭を抱えて死亡、PATAが酔いつぶれて死亡、TAIJIが銃殺、YOSHIKIが傷自殺とTOSHI以外全員死ぬという展開になっている。TOSHIが死なないのは「死に様が似合わない」から。またHIDEがある番組で公言したことによると「TOSHIは高いビルから落ちてもケロっと起き上がるような人だから」という事らしい。なお、この演出はおよそ4年の時を経て1993年にPVの続きがコンサート上で披露された。その場でTOSHIは心臓を撃たれて死ぬ。この演出はコンサートタイトル「X JAPAN Returns」にちなんだもので、髪を逆立てた『XのTOSHI』が死に、メンバーソロコーナーを挟んだ後にX JAPANとして初の新曲でもある『ART OF LIFE』で新たに金長髪の『X JAPANのTOSHI』が誕生するという意図で製作されたもので、12月30日のみ行われた。このステージはひとつのコンサートで二つのTOSHIが見える唯一のものともなっている。

X Japan 「WEEK END」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「JOKER」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「JOKER」 無料PV視聴 音楽視聴

『Standing Sex/Joker』は、Xメジャー5枚目のシングル。1991年10月25日発売。

セカンド・アルバム『Jealousy』までに完成が間に合わなかった『Standing Sex』と、アルバムに収録されている『Joker』の両A面シングル。Xがメジャーデビューしてから発売したシングルでは初の、1曲目がアルバム未収録曲であり、唯一の両A面シングル。

『Jealousy』収録のバージョンは、カジノ内でポーカーゲームをプレイしている様子が最初にSEとして入っていて、女性の声で「Ready?」と入って曲が始まるが、シングルは若干異なり、いきなり女性の「Ready?」の声から始まり、イントロのSEがほぼ全てカットされている。

X Japan 「JOKER」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Silent Jealousy」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Silent Jealousy」 無料PV視聴 音楽視聴

『Silent Jealousy』は、Xメジャー4枚目のシングル。1991年9月11日発売。

YOSHIKIのピアノソロから始まり、その後BPM183にも及ぶハイスピードナンバーになる。この年、Xが『NHK紅白歌合戦』に初出場した時に演奏された曲であるほか、フィンランドのバンド、ソナタ・アークティカが来日公演の際に、この曲の「触り部分」を演奏した事がある。また、オーストラリアのバンドLORDが日本盤ボーナストラックとして同曲を日本語でカヴァーしたものを収録したアルバムをリリースしている。

ファン選曲のベストアルバム『FAN'S SELECTION』では、投票数で『紅』に次いで2位となったほどの人気の曲だが、X JAPANとなってからは、1993年12月30日の東京ドームでのライブで1回演奏された後は長い間演奏されることがなかった。しかしながら、2008年3月28日、『X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. 〜破滅に向かって〜』において実に15年ぶりに演奏された。

X Japan 「Silent Jealousy」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Standing Sex」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Standing Sex」 無料PV視聴 音楽視聴

『Standing Sex/Joker』は、Xメジャー5枚目のシングル。1991年10月25日発売。

セカンド・アルバム『Jealousy』までに完成が間に合わなかった『Standing Sex』と、アルバムに収録されている『Joker』の両A面シングル。Xがメジャーデビューしてから発売したシングルでは初の、1曲目がアルバム未収録曲であり、唯一の両A面シングル。

ジャケット写真はYOSHIKIのヌード。キャッチコピーは、『座ってられねぇんだよ』。Xの作品としては「THE LAST SONG」とともに数少ないオリジナルアルバム未収録のA面曲。シングル曲としては初の全編英語詞となっている。

X Japan 「Standing Sex」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Say Anything」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Say Anything」 無料PV視聴 音楽視聴

『Say Anything』は、Xメジャー6枚目のシングル。1991年12月1日発売。

アルバム『Jealousy』からのシングルカットで、X名義時代の最後のシングルにして最大のヒット曲。テレビ朝日系ドラマ『ララバイ刑事'91』のエンディングテーマとして起用された。

『Jealousy』はYOSHIKIの体調不良などでレコーディングが遅れていた上に、CBS・ソニーの株式上場のために発売日が当初の予定より大幅に早まった。そのため「ART OF LIFE」や「Standing Sex」の収録は見送られたが、YOSHIKIが『Jealousy』のエンディングにと考えていた「Say Anything」は、ロサンゼルスでのレコーディング期限が終了し、日本に帰国した後にもCBSソニー信濃町スタジオで数時間のボーカルレコーディングが続けられ、結果として完全に満足いく形ではなかったものの、『Jealousy』のリリースに間に合わせた。そのためYOSHIKIが“打倒「ENDLESS RAIN」を目指して書いた”楽曲であるものの、「失敗作」と振り返る。

この曲はキーも高く後半は高音パートが連続するゆえ、レコーディングは終了時にTOSHIが吐血したといわれるほど難航した。

X Japan 「Say Anything」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Tears」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Tears」 無料PV視聴 音楽視聴

『Tears』は、X JAPANの7枚目のシングル。1993年11月10日発売。

1992年のNHK紅白歌合戦のテーマソングとしてYOSHIKIが書き下ろした『Tears 〜大地を濡らして〜』が基になっているが、サビの「Dry your tears with love」の部分以外はキーと歌詞が本作と異なるため、本作は「X JAPANバージョン」とも呼ばれることがある。タイトル表記でも『Tears 〜X JAPAN Version〜』とされることが多かった。HIDEがYOSHIKIにX JAPANの曲としてレコーディングをするよう進言したという逸話がある。YOSHIKIは1998年5月9日に放送されたhide追悼のオールナイトニッポンで、この曲が亡き父親を想って書いた曲であると明かしている。

オリコンチャートで「WEEK END」以来となる最高位タイの2位を記録。次作『Rusty Nail』で初のシングルチャート1位を達成するが、セールス面では本作がバンド最大のヒット作である。

TBS系ドラマ『憎しみに微笑んで』主題歌

X Japan 「Tears」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Rusty Nail」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Rusty Nail」 無料PV視聴 音楽視聴

『Rusty Nail』は、X JAPANの8枚目のシングル。1994年7月10日発売。

前作から約8ヶ月ぶりとなる、X JAPANに改称してから2作目となるシングル。前作同様、この年に発売した唯一のシングル作である。1990年にリリースされた「WEEK END」の続編。また後期のX JAPANのライブのオープニング曲として定着している。

「Say Anything」、「Tears」に次ぐ3作目のテレビドラマ主題歌というタイアップもあって、X JAPAN(X時代含む)初のオリコンシングルチャート1位を獲得。セールスとしても、前作「Tears」に次いで2番目の売り上げとなった。

イントロから全編に渡りチェンバロ音のシンセサイザーが使用されるなど、これまでのHR/HMの作風と若干違った印象を受ける楽曲。シングル曲ではロックやメタルに当てはまらない系統の楽曲も発表されていたが、何れもバラード曲に限られていた。本作ではロック色を残しながらもYOSHIKIなりのJ-POP色を加えて構成されている。

1994年関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『君が見えない』主題歌
2008年スズキ『スイフト』TV-CFソング

X Japan 「Rusty Nail」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

X Japan 「Voiceless Screaming」 無料PV視聴 音楽視聴

ア行-男性アーティスト/X Japan X Japan 「Voiceless Screaming」 無料PV視聴 音楽視聴

「Voiceless Screaming」は、Xが1995年1月1日にリリースした2枚組ライブアルバム「破滅に向かって (CD EDITION) 1992.1.7 TOKYO DOME LIVE」収録曲。

TAIJI在籍時最後のライブである、1992年の東京ドーム3Daysライブ「破滅に向かって」のVHS盤(1992年発売)をCDに再編集した。

X Japan 「Voiceless Screaming」 無料PV視聴 音楽視聴を視聴する♪

この曲の収録CDをAmazon.co.jpで今すぐ購入する

  12  次の9曲
※「画像」・「この曲を視聴する♪」をクリックすると視聴ページにすすみます。



PR
週間CD売り上げランキング

【第1位】 NMB48「Must be now」 NEW

NMB48「Must be now」

NMB48「Must be now」は、2015年10月7日発売の最新曲シングル。

NMB48の13枚目のシングル。

選抜メンバーは以下
石田優美、梅田彩佳、加藤夕夏、岸野里香、木下春奈、日下このみ、西村愛華、山本彩、渡辺美優紀


【第2位】CROSS GENE(クロスジン)「Love & Peace」/「sHi-tai!」  NEW

CROSS GENE(クロスジン)「Love & Peace」

CROSS GENE(クロスジン)「Love & Peace」は、2015年10月7日発売の最新曲シングル。

韓国発の多国籍メンバーによるアジア・グローバル・ユニット、CROSS GENEの2015年第2弾となる日本シングル。表題曲「Love & Peace」は7月~9月のテレビ東京系TVアニメ『デュエル・マスターズ バーサスレボリューション』のエンディング・テーマ。

テレビ東京系TVアニメ『デュエル・マスターズ バーサスレボリューション』のエンディングテーマ


【第3位】Aqours「君のこころは輝いてるかい?」  NEW

Aqours「君のこころは輝いてるかい?」

Aqours「君のこころは輝いてるかい?」は、2015年10月7日発売の最新曲シングル。


『電撃G`sマガジン』の読者参加企画からスタートしたスクールアイドルプロジェクトの新企画『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するアイドルグループ、Aqoursによるファースト・シングル!


【第4位】DOBERMAN INFINITY「JUMP AROUND ∞」 NEW

DOBERMAN INFINITY「JUMP AROUND ∞」

DOBERMAN INFINITY「JUMP AROUND ∞」は、2015年10月7日発売の最新曲シングル。

ヒップホップ史上に残る最強のパーティーチューン、あのハウス・オブ・ペイン「JUMP AROUND」の、初の日本オフィシャルカヴァーが実現!ジャンルを越えてヒットした名曲が、新たなハイブリッドサウンドとして今蘇る!


【第5位】 さんみゅ〜「トゲトゲ」  NEW

さんみゅ〜「トゲトゲ」

さんみゅ〜「トゲトゲ」は、2015年10月7日発売の最新曲シングル。

ヒップホップ史上に残る最強のパーティーチューン、あのハウス・オブ・ペイン「JUMP AROUND」の、初の日本オフィシャルカヴァーが実現!ジャンルを越えてヒットした名曲が、新たなハイブリッドサウンドとして今蘇る!

PR

週間CDアルバム売り上げランキング

【第1位】米津玄師 Bremen


【第2位】今井美樹 Premium Ivory -The Best Songs Of All Time-


【第3位】luz 「Labyrinth -black-


【第4位】ハジ→ ハジベスト。


【第5位】楠田亜衣奈 First Sweet Wave

PV・MV・楽曲への最新コメント
PR
Flash Playerのインストール

動画によってはFlash Playerのインストールが必要な場合もございます。Adobe Flash Playerにてインストールが可能です。

免責事項

当サイトは、各動画共有サイトのミュージックビデオ動画をリンクしており、動画まとめサイトであり音楽配信サイトではございません。当サイトでは動画に関するアップロード作業などは全く行っておりません。また当サイトは著作権の侵害を推奨しておりません。動画削除を希望される方はリンク元の動画サイトにて直接お問い合わせください。リンク先の動画サイトにて動画が削除されれば当サイトも動画が表示されなくなります。また各動画に関するご質問・ご要望などは各動画サイトにて直接お問い合わせください。

リンクについて

下記のタグをコピーして貼り付けてください。

LINK



Yahoo!ブックマークに登録